盛り付けに飾り野菜などを使っているものは信用できない

雑誌で、見栄えだけよくするための飾り野菜の購入をやめて食費節約なんて記事を見かけました。
飾り野菜とは、カラフルなプチトマトとか、香草類、その他とにかくキレイで見栄えの良い野菜です。
確かにレシピ本や料理雑誌などを見ると、そういった野菜で装飾された見栄えの良い料理の写真が目を引きます。
それを家庭でも真似しようとすると、野菜購入にかなりのお金がかかります。
特におうちご飯の画像をブログやツイッターに載せようと、ついつい見栄えよく彩り野菜を添えた盛り付けにしちゃう人もいますね。
でも、商売でやっている外食店や出版関係、料理研究家ならともかく、普通の家庭のおうちご飯にそんな彩りは不要ですよね。
たまの御馳走ならともかく、毎日の食事で飾り野菜なんていりません。
料理関係の本を見ると、そういう飾り野菜で彩りよく見せるものもあれば、余計なものを添えず栄養や材料費重視のものもあります。
そのあたりも、家庭料理の参考になるかどうかの目安になりますね。エピレ VIO脱毛 ワキある?

畑職業を経て進化を遂げたS・Kの華麗な投球

 木造のプレハブ小屋の周辺には木片やバカになった釘やネジなどが其処達中に散乱やる。工事の跡だろうか。妙に生々しかった。
 S・Kが自転車セッティングのたちまち奥にある物置小屋からグローブと野球ボールを見つけ出してきた。こんな短時間でしばしば目線聡く見つかるものだ。
「あっち、宝の山中っすよ」
「コレ、あたしにはどうかな」
 グローブは現に嵌めてみると分量が小さく、土手から手のひらがはみ出してしまっていた。あたしは手狭ミットで、いったいどこにそういう余力が残っていたのか疑わしいほど、これでもかこれでもかとつぎつぎに投げつけて加わるS・Kの剛速球を受け続けた。マメの潰れた部分はすでに実感が薄い。感触では時速九十寸法間近い火の玉を受けているうちに、私の左は赤く腫れ上がって行く。それにしてもS・Kはずいぶん筋が良さそうな投球恰好をやる。
 広間のシャッター戸からT・Mが顔を覗かせている。
「とうに入って大丈夫ぞ」
 T・Mの呼びかけなど何処吹く独特とばかりに健二はさっぱりあたしに向かって投球し続け、コミュニケーションを止めようとはしてくれなかった。キレイモ 支払い方法