雪かき、雪かき、雪かき、1日に3回も雪かきなんてどうかしている

朝、外の景色は一面の銀世界。
なんてこった、昨日の夕方には完璧に雪かきして路面が見えていたのに。嘆いていてもしょうがないので、雪かきを始めます。吹雪いていますが、放って置くとさらに降り積もるだけです。いやいやながら防寒具を全身に装備します。長靴だと歩きづらいので防寒靴を着用、雪が入らないようにビニール袋で足を覆います。すぺって作業がしにくいのではと思われるかもしれませんが、水もしみこまず寒さもある程度緩和されます。蒸れてしまうのが唯一の欠点でしょうか。30分ほどかけて終了しました。気温の関係からか、パラパラとした比重の軽い粉雪だったのでまだマシなほうです。
昼食を食べ終え自室で寛いでいると、外からメリメリと雪を踏みしめる音が…。いやな予感がします。外を見てみると御近所さんが雪かきをしています。午前中に片付けた場所は既に雪が積もっていました。なんたることだ。黙っていると自宅の周辺まで御近所さんが雪かきをしてしまうので、即時参戦です。縄張りを主張するかのごとく自宅周辺の雪を片付け、作業終了して自室に戻った途端に昼寝タイムに突入しました。
夕方になって目が覚めると、はい雪かきタイムの時間です。なんでだーっとぼやいてみても雪はさらに降り積もるのみ。叫ぶほどの気力も体力もありません。
天気予報によれば「明日は一日雪でしょう」って、ハズレてくれませんかね。エピレ 500円